▸睡眠検査の概要.

岐阜市にある、ナルコレプシー・特発性過眠症の検査と治療を行っている病院。睡眠不足がなく睡眠リズムが一定でも、昼間の眠気が強い、居眠りが多くてお困りの方、専門医にご相談下さい。名鉄岐阜駅すぐ、名古屋市・一宮市方面よりアクセス良好。 健康な人でも体内時計の関係で日中に眠くなる時があります。ですが、「ただ眠い」だけではない睡眠障害があります。一般的な居眠りや発達障害の一つであるadhdの症状の眠気などとの区別が難しいとされているナルコレプシーとは、一体どのようなものなのでしょうか。



ナルコレプシーは、レム睡眠のタイミングとコントロールの異常を部分的に反映しています。その症状の多くは、レム睡眠中に起こる現象に似ています。すなわち、ナルコレプシーでみられる筋力低下、睡眠麻痺、幻覚は、レム睡眠中にみられる筋緊張の低下、麻痺、鮮明な夢と似ています。 � 宿泊検査は睡眠時無呼吸症候群の可能性を調べる終夜睡眠ポリグラフ検査(PSG検査)と治療機器設定および治療効果測定のCPAPタイトレーション検査(CPAP検査)があり、各検査とも個室での一泊二日の宿泊検査となります。