ですから、テルグ語と日本語とは似ている、と言えます。 質問者さんのご質問 > 「テルグ語」と「ヒンディー語」のどちらがより日本語に近いか については、 答えはやはりテルグ語である、としたいです。

本語に似ている点はともかく,違った点を明らかにすることは,日本語を母語とする者にとっ て,ヒンディー語の言語運用能力を高めることにつながる。 本稿の目的は,外国語としてヒンディー語を学ぶ際の言語運用能力を高めるための一助とす 日本語の原点はタミル語にある、といった研究をされていたようです。 似ているところを具体的にあげてみると、 - 疑問文の作り方が同じ ヒンディー語 文法 sov 型で、形容詞や名詞が修飾する名詞に前置され、後置詞を持つなど、基本的な語順が日本語に似ている。名詞は男性名詞と女性名詞から成る[7]。アラビア語からの借用語については、 … 日本語とタミル語には似ているところがたくさんある、というお話。 国語学者であった故・大野晋さんという方も. 日本語を母国語とする人が第二外国語として習得しやすい言語は何ですか??例えば、文法的・発音的・文字的側面などから日本語に似ている言語はあるのでしょうか??お礼は必ずします。よろしくお願いします。こんにちは^^日本人が習得 易しいです」って出て来るけど・・・。 恐るべし、マラーティー語。 ちなみに、オリヤー語はヒンディー語よりも簡単です。 (活用するのは動詞だけだし、名詞に男女も複数形変化もない)


こんにちは! 今日は、ヒンディー語やサンスクリット語由来、つまり、「インドから来た」日本語を紹介します! サンスクリット語は、インドの古語です。 現在北インドで広く話されているヒンディー語の中にも、このサンスクリット語由来の単語が多く含まれています。
インドネシア語の中には、日本語と似てる言葉がけっこうあります。古代の日本の水軍はインドネシア水軍なので、考えてみれば、何の不思議もありません。でも、中には意外な単語もありますので、じっくり見比べてみてください! ヒンディー語は話者の数では英語やスペイン語と肩を並べているのに、日本では学習している人が非常に少ないです。多分、モンゴル語のように話者の少ない言語よりも学習している人が少ないと思います。これから、インドは目覚ましい経済成 インドネシア語の中には、日本語と似てる言葉がけっこうあります。古代の日本の水軍はインドネシア水軍なので、考えてみれば、何の不思議もありません。でも、中には意外な単語もありますので、じっくり見比べてみてください! ヒンディー語と日本語の似ている言葉: 時々をヒンディー語で翻訳するとkabhi-kabhiになりま。 世話するをヒンディー語で翻訳するとsewa karnaになります。 だんだんするをヒンディー語で翻訳するとdhire-dhireになります。 ヒンディー語マスターしてる訳じゃないですが。 英語よりも勉強しやすいって人もいるんじゃないかな。 日本にいて日本語ペラペラになって帰ってくる ベンガル語と似ているのですが、ここでは「アッサム語」が使われています。アッサム語の新聞が主ですが、英語や他の言語もありますね。 どの地域の新聞屋さんでも、地域言語だけでなく英語やヒンディー語の新聞も売られています。 ケンタッキーフライドチキンの看板.

ヒンディー語の教科書に、「ヒンディー語はマラーティー語よりも. ちなみに、ヒンディー語は日本語に似ているが、韓国語にはもっと似ている気がする(どうでもいい情報)。 もっとサバイバルヒンディー語を知りたい!という方にオススメの記事.