ベイトフィネスのライン選びをまとめてご紹介!種類別の特徴や巻き方も紹介しています。釣り方の幅が広いベイトフィネスは、釣り方に適したラインを選ぶ事が一番のポイント!おすすめのベイトフィネスラインも紹介しているので、これから始める方も是非チェックしてみて下さい! こんにちは、バス釣りではほぼフロロしか使わないhajimeです。 ナイロンライン、フロロライン、peライン、それぞれに特徴があり始めは安価なナイロンしか使っていませんでしたが、ナイロンは劣化するスピードが早いので巻き替えによるコスパがネックになっていました。 シマノやAvailのベイトフィネススプールは8lb-45mなので、フロロ8lb-100mのラインを2回に分けて巻くことができるのでラインのコストを半額にすることができます。 バス釣り初心者に向けてバス釣りで使われるラインの種類の解説をさせて頂きましたが、今回はその中でも使われることの多いフロロカーボンラインのおすすめをご紹介させて頂きます。. バス釣りでなかなか分かりづらいラインの選び方。バス釣りではルアーやロッド、リール選びと同じくライン選びも釣果を左右します。この記事ではバス釣りラインのリール・釣り方別の太さ選びや、種類ごとの特徴を簡単に分かりやすく解説しています。 ベイトフィネスで使用するラインはどれがいいのか? 「太さは何lbがいいの?」「ナイロン、フロロ、PE?」「太すぎる糸を使うとスプールが歪みそうで怖い‥」 ベイトフィネスを導入したばかり、釣りを始めたばかりの人であれば悩みますよね。 ベイトタックルで軽いウエイトのルアーをキャストし、バス釣りをおこなうスタイルを、ベイトフィネスと呼びます。使うのはベイトリールで、そこに巻くのは、フロロカーボンライン・peライン・ナイロンラインから選ぶことになります。 スピニングタックルによるライトリグやベイトフィネスからプラッキング、カバーフィッシング全てに対応する、オールラウンダーおすすめフロロカーボンラインです。 シーガーr18フロロリミテッド 従来のベイトリールの欠点を改善した新しい釣り方「ベイトフィネス」上手く使えばバス釣りで絶大な効果を発揮します。 今回はベイトフィネスで使うラインの選び方とおすすめのラインをご紹介します。 2019年おすすめのバス釣り用ベイトフィネスリールをランキング形式で紹介!順位付けは、売れ筋・口コミでの人気・ライトリグの扱いやすさ・投げられるルアーの限界の軽さ・価格・重量など、さまざまなデータを元にしています。