令和の発表までの経緯. 元ネタは漢文、がおしゃれな時代だったのである。 「令和」の出典となった『萬葉集』の「梅花歌三十二首幷序」は、全20巻ある『萬葉集』のうち「巻五」という巻に収められている。 新元号「令和」の意味や由来は?誰が考えて誰が決めたのか!文字を書いた人は? 2019/04/02 2019/04/06 続いて「令和」の発表までの経緯について解説していきます。 「令和」の元号案については、政府から正式委嘱された 国文学、漢文学、日本史、東洋史などの学識者によって考案された ものです。. 論語『其身正不令而行』 ここでは論語の中の『其身正不令而行』で始まる文の書き下し文、現代語訳と解説をおこなっています。 白文(原文) 子曰、 「其身正不令而行。其身不正雖令不従。」 書き下し文 子曰はく、 「其の身正しければ令せずして行は 令和(れいわ)は、日本の元号の一つ。. 平成の後。 大化以降248番目の元号。 徳仁(第126代天皇)が即位した2019年(令和元年)5月1日から現在に至る。 日本に現存している和歌集の中で最古の万葉集から引用された。.