黒羽刑務所の書籍の差し入れのルールを説明します。受刑者が書籍や雑誌を手に入れたりする方法は、3つあります。1つ目は、工場にある、工場文庫から本を借りる。2つ目… NPO法人 監獄人権センター:Center for Prisoners‘ Rights 塀の中にも、人権があります。 受刑者が、社会の一員として誇りを持って生きるために、相談などの支援および制度改善のための政策提言活を … 差し入れについては、どんなものでもできるわけではありません。基本的には、差し入れ業者から購入したもののみとなります。 施設にある売店では、本や日用品、書籍などが並んでいるため、この中から選んで差し入れます。

なお、「私物」の下着などは刑務所内で受刑者が申請して購入した 刑務所が認定した商品 、もしくはご家族/ご友人が面会時に 刑務所の売店で購入 して差し入れた商品に限ります。要は「私物」と言っても皆同じ物を使用すると言う事です。

書籍・切手・現金などの差し入れは可能ですが、下着など日用品のほとんどは刑務所指定のものを売店で購入しなければならないので、差し入れすることはできません。 差し入れた場合には、出所時に本人に渡されます。 鑑別所とは? 差し入れですが、去年の11月から数量など指定されて厳しくなりました 差し入れ出来るのは、刑務所の外にある指定された差し入れ売店内のは勿論ですが、1品目につき3個までで、郵送差し入れで本、マンガ、ぬりえ、タオル、ハンカチも同様です。 はじめに留置所に比べて拘置所は購入できる種類が豊富です。それゆえに留置所から早く拘置所に行きたがる人もいるくらいです。拘置所にいる人が購入できる物品はシャバの人も拘置所内の売店で購入が可能です。そのまま拘置所の大切な人へ差し入れすることもで

もし、面会中に何か差し入れを頼まれたら面会が終了してもまた売店で購入して差し入れできます。 未決の間はできる限り面会に行きました。 外から面会に来る人は1日1回限りです。