④創味食品は“55年目の新発売”というキャッチコピーと共に「創味シャンタン」発売開始。 ⑤廣記商行は販売社名義を変更し「味覇」の販売を続行。←今ここ 創味食品は業務用中華調味料を自社 モバイル・it > アプリ/web; 元々は創味食品が創味シャンタン(業務用)をお馴染みの赤い缶に入れて味覇(廣記食品)として販売していましたが、2015年3月で創味食品が廣記食品への提供をやめた為、味覇の中身が変わっています。 味覇(ウェイパー)から創味シャンタンにのりかえました. もちろん創味食品がokをだして 廣記食品に創味シャンタンを卸し、それを赤い缶に詰めて廣記食品は味覇(ウェイパー)として販売 していました。 しかし、このたびその契約が白紙になってしまったのです。

とか創味シャンタンが本物の味覇とかいわゆる 「味覇 vs 創味シャンタン騒動」 のようなものがありましたよね。 そもそも騒動以前も味覇の販売元は今回の焼きそばにも記載のある「廣記商行」でしたが、製造していたのは「創味食品」だったとのこと。

業務用ウェイパーが創味製造でシャンタンと中身同じだとかなんとか 77: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2015/04/09(木) 13:51:26.12 ID:JAsyXpKE0.net >>71

これが「ウェイパー騒動」です。この騒動後、創味食品側は業務用しか販売していなかったのにウェイパーと同一レシピで作られている一般用に 「シャンタンDX」を販売開始、廣記商行はほかの製造会社であるアリアケジャパンに委託する形で 2018/07/17新発売のカップ麺「サッポロ一番 創味シャンタン かに玉風醤油ラーメン」を食べてみた感想です。「味覇」はエースコックが製造していましたが、こちらは創味食品とのパイプが強いサンヨー食品が担当。その再現度は‥ はてなブログをはじめよう! an-Immortal-flowerさんは、はてなブログを使っています。あなたもはてなブログをはじめてみませんか?

家庭用「創味シャンタンdx」が販売開始! 一方の創味食品は、これまで業務用だけだった「創味シャンタンdx」を2015年4月から家庭用にも販売開始。赤缶のウェイパーに対抗するかのように、白い缶で登 … 【創味シャンタンdx】ウェイパーよりも、お湯に溶いた時白濁する感じ。かと言って脂っこいわけではない。(埼玉県・男性・30代・愛用歴15年) 新【味覇】スープにすると油多めがよくわかる。味がすご … 1:名無しさん@2ろぐちゃんねる: 2016/02/12(金) 03:53:48.809047 ID:zrlL7PJD0.net創味食品は3月1日から、チューブタイプの中華調味料「創味シャンタンやわらかタイプ」を発売する(※「創味シャンタン」は、昨年3月まで家庭向けを「味覇」として販売していたブランド)。