深刻になっている。 医学部は他の学部と比べて. 昨今、医学科生の留年問題が. 医学部以外の大学の場合でも留年は就活に深刻なダメージを与えるし、浪人留年数の合計が2年を超えると新卒扱いされないとの話もある。 挫折は時に必要だが、留年で挫折する必要は全く無いのだ。 医学部は偏差値高い集団なので、それなりの個性的人間が集まります。 医学生は親も医者という家系は結構多く、親の平均所得は他学部より高い傾向にあります。 私立は開業医の子息がかなりの割合を占めているんですが、国立にも開業医や勤務医のお坊ちゃん、お嬢ちゃんが割といます。 異常な医学部受験ブームのために、医師になるモチベーションの低い人や、医師に向かない人たちが医学部に入ってくるようになりました。そのために、一部の医学部では別の問題も抱えています。それは「留年」です。と… 医学部の進級判定は厳しいところが多く、いかにして留年せずに医師免許をゲットするかというのは6年間の大きな目標なのです。 今回は、残念ながら進級に必要な単位を揃えることができずに留年してしまう人の特徴についてお話していきます。 必修科目を落とすと留年になるなど. 名門大学とか医学部とかでならまだしも、それ以外で留年は恥ずかしい 4: かれっじ名無しさん 2014/01/07 自分で学費払うなら留年してもいいんじゃない? 増える傾向にある留年者数 . 学年による留年者数差異もあるが. 厳しい条件がある。 そして、国公立大と私立大の差異.