不妊治療を経て双子を授かるも、切迫早産と診断され、23週6日で出産した公文紫都さん。息子の死、一命をとりとめた娘。その娘を守りきる覚悟…。<後編>では、どんな時もやめなかった「書くこと」、子どもたちへの想い、将来の夢。 私は45歳で双子を出産しました。不妊治療を経ての妊娠でしたが、赤ちゃん2人が同時におなかにいたということ、2人を同時に産んだことは精神的にも肉体的にも大変なことでした。実際に双子の妊娠が分かると、急に不安が襲ってきたのです。なぜなら、私は45歳と高齢だったから。 妊娠中の「流産」と「早産」は特に気になる問題ですよね。二つの中でもとくに早産の場合、小さなわが子にどんな障害が残るのか・どんな影響が出るのか…いてもたってもいられないというママは多いようです。 早産は、全妊娠の5%ほどを占めると言われています。 双子を妊娠している場合、通常の妊娠に比べて早産の確率が高くなります。赤ちゃんはなるべく臨月までお腹にいてほしいので、心配な状態ですね。 なぜ双子の場合には早産の確率が高くなってしまうのでしょうか。またそれにともなうリスクはあるのでしょうか 早産の赤ちゃんが発達していくうちにみられる後遺症には、言葉や精神の発達の遅れや手足の運動障害などがあります。 後遺症はごく軽いものから重いものまで含まれますが、 出生時の体重が1500g以上の場合、後遺症の残る確率は5%以下 となっています。 双子を妊娠した友人が、妊娠30週検診で子宮口が2cm開いていることがわかり即入院になりました。双子は切迫早産になる確率が非常に高いです。友人が切迫早産で入院するまでの過程と入院後の経過について書きました。 双子が早産かもしれないと聞いたとき、僕は希望を求めて、狂ったようにグーグルで検索した。 だから、早産の可能性がある母親たちに、このポジティブな事例も見てもらえたらと思った。 双子を妊娠した友人が、妊娠30週検診で子宮口が2cm開いていることがわかり即入院になりました。双子は切迫早産になる確率が非常に高いです。友人が切迫早産で入院するまでの過程と入院後の経過について書きました。