残高証明書を取得する際には、幾つかの注意点があります。 1.いつの時点での残高証明書を取得しなければいけないのか? 残高証明書が必要な理由. お取引内容毎に、証明書が別発送となる場合があります。その際は到着日が数日異なります。 <店頭受取の場合> 後日、お受け取りにご来店される際に、残高証明書発行手数料の領収証や通帳等をご提示いただく場合があります。 通帳・キャッシュカードを喪失されている場合や、通帳・キャッシュカードを発行していない口座では、ご利用いただけません。 かんたん残高照会を最後にご利用になって以降24ヵ月ご利用されない場合、再度初回登録のうえご利用いただく必要があります。 この取引明細書も各金融機関で取得することが可能ですが、残高証明書とは違い通帳の記載で代用することも可能です。 注意点. 基本的には口座の預金通帳に残高が載っていればそれでいいが、当座通帳など残高の記載がないものもあり、この場合は残高証明書が有効になる。 残高証明書は、必要な都度発行する方式と、決算等に合わせて自動でお届けする方式がございます。自動発行方式は、ご希望のサイクルや日付指定もでき、都度発行に比べ手数料も割安です。 相続時に被相続人の残高を確認できる『残高証明書』の取得方法を解説。必要書類や手続きは「ゆうちょ銀行」「三菱東京ufj銀行」など、銀行によって方法や記載内容が違いますので、銀行によって異なる発行方法をご紹介します。 【残高証明書と5年分の取引明細とは】相続税申告が必要な場合は、残高証明書や取引明細を取得しなければいけない?!残高証明書等の取得方法とは。残高証明書等を取得する場合の注意点。残高証明書・取引明細の取得手数料は?

相続手続きの際、銀行・証券会社にて残高証明書を取得するべきか司法書士が解説しています。通帳記帳等の方法で故人の遺産総額を簡単に把握することが可能です。そのため、大半の相続事例ではわざわざ残高証明書を取得しなくてOKです。