税務署の受付印(正確には「収受日印」といいます。)を押した申告書控えの提出を求められる場面がよくあります。
税務・税金に関して質問・相談したいことがあった時、聞くべきは国税や税務署、もしくは税理士のどちらになるのだろうか?各々のメリット・デメリットをまとめてみた。質問・相談内容や状況に応じて使い分けるべきと思う。

確定申告は複雑な税制や書類の多さに、難しいと感じている人も多いと思います。特に自力で確定申告の準備をしている人は、途中でわからないこともたくさん出てくるのではないでしょうか。 そんな人のために、税務署や税理士会、各自治体では確定申告の相談を受け付けています。 まず税務署へ相談電話をかけてみることをおすすめしています。 ただし、当税理士事務所もそうなのですが、無料相談を行っている税理士事務所もありますので、税理士事務所に相談するのもありですね。 税務署へ相談電話をした方がいい3つ理由. 税金のことを知りたいとき、無料で相談する方法はあるのでしょうか。無料で税金の知識を身につけられる方法について、また、税金のプロである税務署や税理士会の活用方法と、そのメリットやデメリットなどについて紹介します。 もちろん税務署の受付印は押してもらえません。 税務署の受付印(収受日印)を押した申告書控えの提出はよく求められる. 税務署が開いているのは基本的には平日のみですが、一部の税務署では2月から3月にかけて日曜日にも確定申告の相談を受付けています。 デメリットとしては、税務署では節税対策になるようなアドバイスは受けられないということです。 この記事では、タンス預金が税務署に見つかってしまう理由やタンス預金をすることで考えられるリスクについてお伝えしていきます。タンス預金はさまざまなケースがありますが、中でも相続をきっかけとして始められるケースがかなりの割合を占めています。