急いでいます!自動車税延滞金の勘定科目を教えて下さい調べると 租税公課 とあったのですが延滞税は経費にならない というのもありました。 どちらが正しいのでしょうか?どなたか回答お願いします! 法 … 税務上、地方税の納期限の延長に係る延滞金は損金算入でき、その算入時期は、原則として、納付した事業年度とされている(後述)。. 社会保険料の延滞金は損金算入できる。 法人税は、延滞税や加算税、罰金などに対して取り扱いが厳しく、損金算入できないものが多いです。 事業活動の中で出てきた費用なのになぜ損金算入できないの? という疑問がわいてきますよね。 もちろん国も勝� 具体的には、印紙税、登録免許税、不動産取得税、自動車税、自動車取得税、固定資産税、事業所税、加算税、延滞税など。 保険料 (ほけんりょう) 個人・法人: 保険契約に基づく支払いを処理する勘定科目です。 具体的には、火災保険、運送保険、自動車保険、役員生命保険、団体定期保険 個人事業税の仕訳方法と勘定科目についてまとめました。個人事業税は租税公課?事業主貸?また、個人事業税の延滞金や還付など、レアなケースに対してどう仕訳を行い、記帳すれば良いかについてもまとめたので参考にお使いください( ̄^ ̄)ゞ

確定申告で自動車税は経費計上が可能。使う勘定科目は「租税公課」。ただし、車を事業で使用している場合に限る。自動車税は控除ではなく、経費として計上する。車を事業とプライベートの両方で使っている場合は家事按分して事業の利用分だけを経費計上する。 自動車税の延滞金の年率は以下の通りです。 納付期限~1か月: 納付期限から2か月以降: 自動車税の延滞金の年率: 2.6% 8.9% 例えば、納付額が29,500円で3か月延滞すると. 延滞税や延滞金に関する仕訳・会計処理です。会社が延滞税や延滞金を支払った時は租税公課勘定を使って記帳します。なお延滞税などは損金とはなりませんので加算調整が必要となります。

自動車税の経費計上は節税対策としても個人事業主が行えるものです。勘定科目や仕訳方法をしっかり抑えておきましょう。 ただし自動車税に関わる費用のうち経費として落とせないものがあります。 自動車保険の【チューリッヒ】公式サイト。自動車税の滞納(未納)の延滞金・督促状・差し押さえについてご説明。万が一自動車税を納期限までに納付できないと延滞金が発生し、滞納し続けると最終的には差し押さえが行われます。 延滞税を支払った場合の勘定科目は、租税公課か法人税等、又は未払法人税等になります。 個人の場合、法人税等という勘定科目はありませんので租税公課でOKです。 法人では、法人税等か未払法人税等で処理をするのが一般的です。 もちろん、租税公課としても問題ありません。 個人事業主や法人の経理では、経費の把握が大切です。ここでは、自動車を持っていれば毎年かかる自動車税は経費になるのか、仕訳や勘定科目はどうすればよいのかを見ていきます。合わせて家事按分の考え方や消費税の処理についても、基礎知識をおさらいしましょう。 ・勘定科目は? スポンサーリンク. 事業を行うと税金のほかにさまざまな費用が発生します。自動車税も税金の1つですが経費として落とせるのか、経費で落とせる場合、使用する勘定科目や仕訳処理はどのようになるのか。知っておかないと損をする自動車税に関する知識を幅広く解説します。 自動車税は、事業の経費にできます。 事業で使う自動車にかかる自動車税は、事業の経費にできます。 ... 国税以外の地方税では、延滞金、過少申告加算金、不申告加算金、重加算金があり、これらも同様に事業の経費にできません。 ただし、期限遅れの滞納ではなく、納税期限の延長に係る� 財務・会計・経理 - 飲食業を営んでいます。2つ質問があります。1.自動車税の延滞金は,損金(租税公課)になりますか?2.従業員の賄い代を自家消費にあげています。従業員からは,もらっていません … 自動車税の加算金・延滞金は経費で落とせない. 不動産取得税; などがこの勘定科目『租税公課』として扱うものになります。 このほかに各地の商工会議所の会費や各種業者組合の組合費などもここに記帳します。 これらは全て『租税公課』として経費計上できます。 但し、あくまで事業用に使用しているものに限りますので、再三書いてい�

車をリース契約した仕訳と勘定科目。車両はリース料総額を車両運搬具として資産計上します。減価償却の耐用年数はリース期間の定額法です。中小企業など一定の要件を満たす場合に賃貸借処理を採用で … 自動車税を支払った場合の勘定科目は、租税公課になります。 法人税・住民税・事業税・所得税・消費税以外の税金の支払につきましては、 租税公課として処理すればいいんだなと覚えてお … 延滞金の会計・簿記・経理上の取り扱い 会計処理方法 会社・法人の場合 租税公課など.