となります。 社会保険料計算上、賞与額には上限がある! ほとんどの方の賞与の計算は、上記の通りで問題ないのですが、中には、賞与の額が高額になる方もみえて、その場合は注意が必要です。 賞与を支給する場合、社会保険料(健康保険料・介護保険料・厚生年金保険料)や雇用保険料を控除します。問題は、賞与支給月に退職する従業員のボーナスからも、社会保険料を控除するのでしょうか?

社会保険関係は特にミスが多い項目です。賞与も毎月出てこないためミスしやすいです。 それでは注意点を確認していきましょう。 社会保険料の計算で注意すべきポイント. 賞与額ー((賞与額を基礎として求めた(1)の健康保険料・厚生年金保険料+(2)の雇用保険料)×①の率 賞与の支給額を実際に計算! 【例】東京都にあるA社は、平成25年4月、Bさん(35歳で扶養親族なし)に賞与20万円を支払う場合 必ず社会保険料、雇用保険料の計算の後に行いましょう。 (1)前月の給与から社会保険料等を差し引きます。 (2)上記(1)の金額と扶養親族等の数を「 賞与に対する源泉徴収税額の算出率の表 」に当てはめて税率(賞与の金額に乗ずべき率)を求めます。 健康保険料の計算: 厚生年金保険料の計算: 平成31年度の雇用保険料率(厚生労働省) 雇用保険・社会保険ってどうするの? ~ 個人事業飲食店の雇用ルール - hanjo town - casio: 労働時間把握義務を自動化でカンタンに クラウド給与計算ソフト「hanjo給与」 社会保険料で特に注意が必要になるのは次の処理です。 12月は賞与(ボーナス)の時期ですね。 サラリーマンにとって嬉しいボーナスですが、このボーナスにも社会保険料がかかります。 毎月の給料には一定の料率で保険料がかかるのはなんとなく分かるけど、賞与にかかる社会保険料ってどうやって計算されてるんだろう? 2.同月2回目の賞与計算「7月25日」 支払賞与 389,800円. 保険料額については、事業主から提出された被保険者の資格取得、喪失、標準報酬月額及び賞与支払等の変動に関する届出内容を基に毎月20日頃、日本年金機構(年金事務所)から事業所へ「保険料納入告知額通知書」又は「保険料納入告知書」を送付する方法にてお知らせしております。 厚生年金保険料 255,000円×8.914%=22730.7=22,731円.

賞与にかかる社会保険料の計算方法は、毎月の給与の社会保険料の計算と異なります。 賞与は給与と比べて金額が大きくなることが多いため、控除額について慎重に計算をする必要があります。 そこで今回は社会保険の計算や賞与を支払ったときの手続きについて紹介します。 社会保険料も含めると、かなりの金額が引かれています。 本当に計算があっているの? そんな疑問を持っている方も多いのではないでしょうか。 そこで今回は、賞与の所得税の計算方法を中心に、社会保険料の計算についてもご説明しましょう。 2回目の賞与で初回と同様に標準賞与額「389,000円」として保険料を算出した場合、以下の結果となります。 役員賞与の社会保険料.

役員に対して賞与を支給した場合には、その賞与の金額から計算した社会保険料を計算して納めなくてはなりません。 役員報酬の社会保険料と同様に、「支給額(1000円未満切り捨て)×保険料率」で計算した保険料を納めます。