公的年金は、一人一年金が原則です。 国民年金、厚生年金保険、共済組合等から、2つ以上の年金をうけられるようになったときは、いずれか1つを選択しなければなりません。 2階建て年金の2階部分が障害厚生年金です。 会社員等、社会保険が適用されている事業所で 厚生年金に加入していた方が対象となります。 等級について. Q:障害厚生年金3級の裁定を受けて後、60才で、老齢年金を請求して受給が決定した場合、障害年金との関係はどうなるのでしょうか。65歳以降はどうなるのでしょうか。h18年春、法律改正等があった様に聞いています。また仮に、2級になった場合はどうなるのでしょうか? 複数の年金の受給権が発生し、選択が必要な場合は必ず年金事務所にその申出を行います。 【持参するもの】 障害年金を選択する場合、診断書 遺族年金を選択する場合、所得証明書または非課税証明書 などケースによって異なるため、事前に年金事務所に問い合わせてください。 しかし、障害厚生年金の1~2級に該当されたら障害基礎年金も併給とありますが、既に基礎を受給してるときはどうなるのですか? (2)もし障害厚生年金3級に該当したら最低保障額がありますが、障害基礎年金はそのまま受給できますか? 障害年金2級を貰っています。働くと障害年金がストップしますか?老後は老齢年金と両方貰えるのでしょうか? 。202/3/9更新 ご相談者様 data 【年齢】29歳 【職業】元it関係(無職) 【性別】男性 【家族構成】妻 27歳(今は専業主婦) 父59歳(会社員) 母56歳(パート)とは同じ敷地内 相談し … 両方は受け取れません。 国民年金は65歳からの支給の場合は老齢基礎年金と言う名前に代わります。 障害も老齢も基礎年金に変わりはありませんので、どちらかを選ぶ事になります。 「障害厚生年金」と異なり、「障害基礎年金」では、3級の障害は対象となりません。 したがって、「障害年金」をもらうことができません。 この場合、「障害者特例」であれば、初診日が退職後であっても、問題ありません。 障害年金(障害厚生年金)と厚生年金(老齢厚生年金)を両方貰うことはできません(一人一年金の原則)。一方で厚生年金の障害者特例に該当する場合には「定額部分」を受給できる場合があります。

旧法では、障害基礎年金と老齢厚生年金の組み合わせはどちらか1つしか受給できなかった。 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 平成18年4月1日からは障害基礎年金と老齢厚生年金は両方とも受給が可能だが65歳からである。 障害厚生年金とは・・? 概要. 障害厚生年金の等級には、1級・2級に加えて3級があり、

原則として両方同時に受け取れない. 私の父と母は現在、障害者年金を受け取って生活しています。年齢は58歳です。父は、親類の経営する会社で18歳から48歳まで働いており、ずっと厚生年金を払っていました。その会社の経営状態が悪化し、49歳からずっと障害者年金で 旧法では、障害基礎年金と老齢厚生年金の組み合わせはどちらか1つしか受給できなかった。 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 平成18年4月1日からは障害基礎年金と老齢厚生年金は両方とも受給が可能だが65歳からである。 障害厚生年金と障害基礎年金の両方が支給されていますが、受け取っていいのでしょうか? 19歳のときに障害を負いました。 高校を出てすぐに就職していたので、19歳の時から障害厚生年金3級を受給し始 … 更新日 2019/11/29. ただし、日本の年金は2階建てです。65歳になるまではどちらか一方の年金を選択することになりますが、65歳以降は基礎年金と厚生年金であれば例外的に両方とも受給することが出来ます。たとえば以下のような形です。 ・障害基礎年金+障害厚生年金 トップページ>健康をそこねたら>障害年金のこと>このページ.