その点、カゴと刺し餌が同じタナにあるカゴ釣りは、撒き餌がタナになじむまでに見当違いの方向へ行くことは少ない。それに刺し餌が近くに漂うことから同調もしやすい。よほどのことがない限り刺し餌が撒き餌のレンジから大きくはずれることはない。 投入点の目安は潮目(潮と潮とが合� 分離しながらタナを矢引まで詰めシモリを狙っていると連続で30ないグレが当たりお土産にキープ そこから狙いますが全然なのでタナを2ヒロまで戻し遠投でエサ取りをかわすためガン玉を段うちや重めに変え攻めているとアタリがあり軽くやりとりしているといきなり走り出しました! さて、続いてはダイワの17タナセンサーと比べてみます。 ワタシがもっているのはタナセンサー最大サイズの500番。 糸巻量的には、pe6号300m巻きですから、バルケッタscの最大サイズである3000番と同じですね。 メインのサシエサのペレットが練エサで、 エサ自体に、そこそこ重量があるため、「フカ ... アオサは非常に軽いエサなので、 打たないとタナ がボケる感じがあるし、打った方が食い込みは良い です。 同じ理由でハリスを矢引くらいに短くするのも試しましたが、釣れないことは無いですが� タナとは、魚のいる場所、つまり青物やマダイ、イサキやマアジなどの魚が泳いでいる層をタナと表現するのです。 ただ、もっと広い意味で使われるときは、底という場合もあります。底を取ることをタナ取りと表現するのは、このためです。 フカセって? マキエの選び方 ... この釣り方は、狙う魚がいるタナをある程度、推測した上で、ウキ止めで、そのタナに合うようにあらかじめ設定した釣り方です。 糸の結び方についてはこちら 利点3. ダイワの17タナセンサーと並べてみる. タナトリのオモリを使用して、 鈎の位置が海底すれすれ、またはほんの少し這わせるような感じで、 ウキ下の設定をします。 この際、足元、竿下、竿1本前、2本前とタナトリおもりをつけて、 水深を探ります。 少しでも変化のある場所をポイントにします。 これでツケエが残るようであれば、ウキ止めを竿一本の位置までずらすが、あらかじめタナが深いと分かっているときは、最初からこのウキ下で釣り始めることもある。 それでもツケエが残るようならば、ウキ止めの位置はそのままでガン玉を追加し、一ヒロくらい沈めて釣る。それでもダメ�