使っていくうえで気になる大まかなスペックとしては. ひとつは寄れるor寄れないという点。どちらのレンズも同じ最短撮影距離28cmというスペックですが…。 最大撮影倍率は、それぞれ0.1倍、0.17倍。 実はXF35mmF1.4 Rのほうが被写体を1.7倍大きく撮ることができます。 テーブルフォトなどで使いやすいのはXF35mmF1.4 Rのほうです。 大きさと重さ.

最短撮影距離も違います。近づいて撮る時の35cmと28cmだとだいぶ距離が違う印象を受けます。28cmだと寄れるなぁと思います。それによって最大撮影倍率もF2の0.135倍と、F1.4の0.17倍と差が表れてきています。 スペックに表れない特徴 「防塵防滴・F2コンパクト三兄弟」の試写レビューも、最後の1本になりました。今回は、35mm判換算76mm相当の焦点距離を持つ、フジノンレンズ「XF50mmF2 R WR(以下、XF50mmF2)」です。焦点距離が重複するXF56mmF1. ☆焦点距離:35mm(35mm換算:53mm相当) ☆質量:187g(フード・キャップ含まず) ☆最短撮影距離:28cm~ ☆絞り値:F1.4~F16. こちらはXF35F1.4の方が寄れるようになっています。XF35F1.4は28cmから、XF35F2は35cmからと意外と違いがあります。35cmだとテーブルの料理を撮る時など引かないと撮りにくい場面も出てきます。 AFスピード XF23mmF1.4とXF23mmF2を、MTF曲線で比較&妄想. 最短撮影距離が「 XF35mmF1.4 R 」では 28cm~ なのに対し、「XF35mm F2 R WR」では、 35cm~ になっています。この差はけっこう大きいと思います。 RAWデータで湾曲する. ZEISS Touit 1.8/32という3種類の中でも標準域のレンズについて。X-mountの中でこのレンズと迷うとしたら、XF35mmF1.4 R かXF35mmF2 R WR だと思います。今回はZEISSとFUJIFILMレンズを比較し解説 …

Xマウントレンズである「XF・XC・Touit」各レンズの最大撮影倍率まとめ。個人的に0.15倍はないと撮影中のストレスが増えてくるので、16,35の2本か16,35,90の3本を持って出かける事が自然と多くなる。16と35の組み合わせは角 最短撮影距離は、以下の数値です。 XF18mmF2 R: CMOS指標から約18cm、レンズ先端から約12.6cm XF35mmF1.4 R: CMOS指標から約28cm、レンズ先端から約20.6cm XF60mmF2.4 R: CMOS指標から約26.7cm、レンズ先端から約15.9cm. 1.1.2 最短撮影距離はそれなり; 1.1.3 専用フード(別売)がカッコいい! 1.2 大人気レンズ「xf35㎜f1.4」と比べてみて. それでも最短撮影距離が39cm と ... 【FUJIFILM XF35mmF1.4 R】レビュー|テーブルフォトやポートレート、スナップが秀逸! 2017.07.04 2019.12.04. ☆価格:メーカー希望小売価格:81,000円(税別) 最短撮影距離はどこからの距離か? (X-Pro1) デジタルカメラで近距離(接写)で撮影するときピントが合わない場合 ; XF60mmF2.4 R Macroの最短撮影距離・最大撮影倍率は? 「X-Tans CMOS」と 「X-Trans CMOS Ⅱ」は何が違うのか?(X100S) XF35mmF1.4 Rのスペック・外観. XF35mmF2 R WRの最短撮影距離は35cm、最大撮影倍率は0.135倍なので、より被写体に近づいて撮影することができるのは非常に嬉しいポイントです。 AFスピードは遅い? 使用機材:X-Pro3+XF35mmF1.4 R 撮影環境:1/2900秒 F1.6 ISO160 1.2.1 1段分暗い代わりに軽く小さく防塵防滴; 1.2.2 x-t2で使用した時のaf速度; 1.2.3 f1.4とf2はキャラクターの異なるレンズ; 1.3 簡単に作例 も … 柔らかい表現が欲しい方は、「 XF35mmF1.4 R 」がいいかもしれません。 あまり寄れない. 今現在、Xマウントレンズは 10本くらい持ってますが、その中でもお気に入りの XF60mmF2.4 R Macro を紹介します。購入したのは 2018年6月です。XF60mmF2.4 R Macro について富士フイルムのマクロレ … xf35mmF1.4 r の撮影倍率は0.17倍、最短撮影距離は28センチです。 数字だけだとピンと来ないので定規を当ててみるとだいたいそんな感じでした。 mcex-11の装着することで変わるのは、撮影倍率が0.47倍で最短撮影距離が15.3センチになると書いてある。 最短撮影距離 どこまで寄れるか. フジノンレンズ「XF35mmF1.4 R(以下XF35mmF1.4)」は、Xシリーズを使い始めた瞬間から、ずっと一緒にいるレンズ。僕にとっての、まさしく”標準”レンズです。別のレンズを評価する時、画質や操作感の基準になっています。当たり前の